『井の頭公園いきもの図鑑 改訂版』(ぶんしん出版)を出版

井の頭公園いきもの図鑑 改訂版 作家活動
井の頭公園いきもの図鑑 改訂版

井の頭公園開園100年を記念して出版した『井の頭公園いきもの図鑑』(ぶんしん出版)から5年。公園の環境や生物相は大きく変わりました。オオタカやカワウが繁殖するようになり、池のカモの種数は2倍に! 夏鳥あるいは西日本の留鳥のはずのサンショウクイが越冬するなど、かいぼりによって回復した植生と気候変動の結果が現れています。そこで、この5年間の大きな変化を反映した改訂版を出版する運びとなりました。多くの方に手に取っていただき、自然観察を楽しみながら、環境と生きものを大切に考えていただければ幸いです。

井の頭公園いきもの図鑑 改訂版: 髙野 丈
Amazonで髙野 丈の井の頭公園いきもの図鑑 改訂版。アマゾンならポイント還元本が多数。髙野 丈作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また井の頭公園いきもの図鑑 改訂版もアマゾン配送商品なら通常配送無料。
リュウキュウサンショウクイ

・2018年からオオタカが毎年繁殖

・井の頭池では越冬しなかったオカヨシガモ、ヒドリガモ、ヨシガモが越冬。2022年、ヒドリガモは池で最も多いカモに

・サンショウクイ(亜種リュウキュウサンショウクイ)が越冬

・井の頭池でチョウトンボが発生

ヨッシーことヨシガモ
タイトルとURLをコピーしました